技術系文書における表の罫線や○×表について

技術系ビジネスマン向け英語情報: 技術系文書における表(table)のフォーマット
MENU

技術系文書における表(table)のフォーマット

 

技術系の文書では表を使うべき場面が多くあります。
日本の文化的にも、文章で羅列されるより、表を使った方が直観的に分かりやすいとされています。

 

しかし、英語圏においては、表がいつでも好まれるわけではないようですね。
英語圏の人々から見ると、我々日本人は時として表を使いすぎる傾向があるようです。

 

表のフォーマットは縦線を使わないタイプが好ましいです。
科学論文や自然科学系の教科書で使われている表は、このフォーマットが多いです。

 

表のキャプションは左上にし、先頭の冠詞は省略するようにします。

 

 

 

 

星取表 や 対応表 の ○ や × について

 

日本語で書かれた仕様書や報告書等などでは、○×表が使用されることがあります。日本人であれば誰もが直観的に以下のような感覚があるでしょう。

    ○ …勝ち、良い、対応、正しい、優れている
    × …負け、悪い、未対応、誤り、劣っている

 

しかし残念ながら、この感覚は世界標準ではありません。

 

そのため英語の文書では、例えば、文字情報やチェックマークで書き換える方法があります。

 



関連ページ

『問題を抽出する』を英語で表現すると…
〜かどうか確認してください“Can you confirm if〜?”
「データからバラツキが改善していることを確認した」の英語表現
「見通しあり」の英語表現: look promising
『品質などを許容できる』という英語表現
『AとBを比較する』という英語表現
『目視で確認する』の英語表現
『公平な方法で比較する』の英語表現
『立場や見解などが食い違っている』の英語表現
『コストに対するインパクトを見積もる』の英語表現
『精度や正確さを確認する』という意味の “go over”
『全体をざっと確認する』という意味の “review”
「〜の場合」の英語表現: in case of と in the case of を使う場面はあまりない
『〜の目的は …することである』 という英語表現
『前提を確認する』という意味の “confirm”
『〜を補正する』の英語表現 “compensate for 〜”
『その結果、〜であった』の英語表現: as a result は気軽に使いにくい表現
著作権・商標権・特許権 を保護する英語表現
単位(unit)とスペースの入れ方
技術系文書におけるおすすめの強調表現
個数や回数の英語表現
“issue” と “problem” 使い分けてますか?
まえがき(Preface)の書き方
「〜は次のとおりです」+箇条書き の英語表現
警告や注意喚起の英語表現
「目的」を表現する “in order to do” や “so that”など: 「主節の主語」と「“〜するために”の主語」のとり方に注意
『〜が選択される場合』という英語表現
問題を再現させる: reproduce や duplicate を使わない言い方
『対策の効果を確認する』の英語表現
問題が再現するか確認する: see if the problem comes back
『確認する』という意味の look on や look at 等とにかく look を使った英語表現7つ
このページの先頭へ