『精度や正確さを確認する』という意味の “go over”

go over ~”の最も素直な意味は『~を越えて行く』だが、他にも以下のような意味がある。

  • 確認する
  • 調べる
  • 説明する
  • 見直す
  • ざっと目を通す
  • 復習する

 

得られたデータの精度や正確さ等について『確認する』や『調べる』ときに、ネイティブは“go over”を使うことがある。

<例文1>

Mr. A: Can we use these files for our meeting tomorrow.
Mr. B: OK. We will go over the data when we meet tomorrow.

Aさん: 明日のミーティングでこれらのファイルを使えますか?
Bさん: もちろんです。明日会ったときにそのデータを確認しましょう。

 

ちなみに “go over” と似た表現として “go through” という言い方もある。“go through ~” の最も基本的な意味は『~を通り抜ける』だが、そこから転じて『(問題など)を調べる』や『(機械の操作方法など)を経験して覚える』という意味で使われる。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。