『システムのアップデートのため…』と英語で言いたいとき

~が原因で」とか「~せいで」を表現したいとき、due to が頻繁に使われる。

 

due to ~ はこの固まりで、前置詞であると理解すればよい。典型的に、due to の目的語にはネガティブな出来事が入ることが多い。例えば、due to rain, due to an accident など。

 

due to a system update: システムのアップデートのため

<例文1>

Due to our system update, we urge all users to verify their email by clicking on the button below.

訳)システムのアップデートのため、全てのユーザーが以下のボタンをクリックして、メールの有効性を確認するようお勧めしています。

 

due は日本人にはあまりちゃんと理解されてない単語の1つじゃないかと思う。

 

duedue to として頻繁に登場するが、due が単独で用いられるのはどんな時だろうか?

ついでに確認しておこう。

 

実は、厄介なことに、due には3つの品詞形態があり、我々を混乱させている。

  • 形容詞
  • 名詞
  • 副詞

 

形容詞の形は、日常会話の中でまあまあの頻度で出てくる。意味は「~することになっている」である。be supposed to do と似たようなノリで使えることを覚えておこう。

 

I am due to get on the bus.

訳)私はそのバスに乗ることになっている。

 

名詞の形は、そんなに見かけるもんじゃない。本質的な意味は「当然やるべきこと」になるが、そこから転じて「支払うべきお金 ≒ 会費」という意味でつかわれる。

 

You need to pay the membership dues in advance.

訳)前もって会費を支払う必要がある。

 

最後に、副詞のかたち。真南(まみなみ)、真北(まきた)、真東(まひがし)など、方角と組み合わせて「ま」を意味する。この用法は、あんまり見ることはないが。

 

We are going due south.

訳)真南に行くぞ。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。