『品質などを許容できる』という英語表現

技術系ビジネスマン向け英語情報: 『品質などを許容できる』という英語表現
MENU

『品質などを許容できる』という英語表現

 

 

ある製品の性能や品質レベルが十分に満足できるものになってはいないが、「まあこれくらいであれば許容できるレベルかな」と言いたいとき、英語では “deal with” を使います。

deal with 〜〜を許容する

<例文1>

 

The customer can deal with the performance but they could not deal with the defect.

 

訳)そのお客様はその性能については許容できるが、その欠陥に関しては許容できないだろう。

 

deal with” で、まあ何とか我慢できる性能レベルかなという感じが出ます。

 

 

 

他に似たような表現として “permissible” や “manageable” があります。どちらも形容詞です。

permissible【形容詞】許容できる、許される

<例文2>

 

We can use this device within the following permissible temperature range.

 

訳)本装置は以下に示す許容範囲内の温度で使用できます。

 

 

manageable【形容詞】(1)何とかなる≒deal with (2)扱いやすい=easy to control

<例文3>

 

This issue should be manageable for us.

 

訳)この問題は我々であれば何とかなるだろう。

 

 

 

何とか我慢できるレベルにして許容してもらうではなく、『満足させる』と言いたいときは例えば以下のような表現があります。

give + O + satisfactionOを満足させる

<例文4>

 

This fix can give them(the customer) satisfaction.

 

訳)今回の調整は彼ら(お客様)を満足させられる。

 



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

関連ページ

『問題を抽出する』を英語で表現すると…
〜かどうか確認してください“Can you confirm if〜?”
「データからバラツキが改善していることを確認した」の英語表現
「見通しあり」の英語表現: look promising
『AとBを比較する』って英語で表現してみよう
『目視で確認する』の英語表現
『公平な方法で比較する』の英語表現
『立場や見解などが食い違っている』の英語表現
『コストに対するインパクトを見積もる』の英語表現
『精度や正確さを確認する』という意味の “go over”
『全体をざっと確認する』という意味の “review”
「〜の場合」の英語表現: in case of と in the case of を使う場面はあまりない
『〜の目的は …することである』 という英語表現
『前提を確認する』という意味の “confirm”
『〜を補正する』の英語表現 “compensate for 〜”
『その結果、〜であった』の英語表現: as a result は気軽に使いにくい表現
著作権・商標権・特許権 を保護する英語表現
単位(unit)とスペースの入れ方
技術系文書におけるおすすめの強調表現
技術系文書における表(table)のフォーマット
個数や回数の英語表現
“issue” と “problem” 使い分けてますか?
まえがき(Preface)の書き方
「〜は次のとおりです」+箇条書き の英語表現
警告や注意喚起の英語表現
「目的」を表現する “in order to do” や “so that”など: 「主節の主語」と「“〜するために”の主語」のとり方に注意
『〜が選択される場合』という英語表現
問題を再現させる: reproduce や duplicate を使わない言い方
『対策の効果を確認する』の英語表現
問題が再現するか確認する: see if the problem comes back
『確認する』という意味の look on や look at 等とにかく look を使った英語表現7つ
『ありえそうな原因を調査する』の英語の言い方
このページの先頭へ