〜かどうか確認してください“Can you confirm if〜?”

技術系ビジネスマン向け英語情報: 〜かどうか確認してください“Can you confirm if〜?”
MENU

〜かどうか確認してください “Can you confirm if〜?”

 

 

まずは confirm (裏付けをとる)を使って、文を作ってみます。以下の例文を見てみてください。

 

confirm if〜: 〜かどうか確認する(裏付けをとる)

 

<例文1>

 

Could you confirm if (whether) the options will all be shipped together on one pallet or will more than one pallet be needed?

 

訳)オプション部品は1つのパレットに載せられて出荷されるのか、複数のパレットが必要か確認していただけますか

 

if と wheter 『〜かどうか』

 

〜かどうか』って表現したいとき、たぶん whether を使いたくなる人が多いんじゃないかなと思いますが、ネイティブは大体 if を使います。

 

ただ、全てのケースで ifwhether どっちでもいけるわけじゃないので注意が要ります。

 

例文1の場合は、if節confirm の目的語になっています。このように、目的語として使われるときは if でも whether でもどっちでも良いことになっています。

 

例えば、もし主語として if節 が使われるときは、whether しか使えません。

 

<例文2>

 

Whether the options will all be shipped together on one pallet is still unknown.

 

訳)そのオプションがまとめて出荷されるかどうかはまだ誰も知りません。

 

※この場合、Whether の代わりに If は使えないことになっている

 

 

確認する … confirm 以外の表現

 

例えば、check とか make sure などがありますが、注意したいポイントが1つあります。

 

まずcheck は何も考えずふつうに、if と組み合わせて

 

check if 〜: 〜かどうか確認する

 

と表現することが可能です。

 

ただ、make sureif の代わりに that を使うのが標準です。あと、例文1のように or を使うこともできません。

 

make sure that 〜: 〜であることを確認する,〜であることを確実にする

 

なぜかと言うと、make sure は『確認する』という意味に留まらず、本質的には『必ず実行する』を意味しているからです。

 

よって例えば

 

Could you make sure that the options will all be shipped together?

 

と言ったら、『そのオプション部品がまとめて出荷されることを確認してください』という意味になるか、『確実にそのオプションが部品がまとめて出荷されるようにしてください』という2パターンの解釈があり得ます。

 

どっちの意味になるかは、そのように言われた人が、どれくらい『部品をまとめて出荷すること』に積極的に関与できるかによって変わってきます。



関連ページ

『問題を抽出する』を英語で表現すると…
「データからバラツキが改善していることを確認した」の英語表現
「見通しあり」の英語表現: look promising
『品質などを許容できる』という英語表現
『AとBを比較する』という英語表現
『目視で確認する』の英語表現
『公平な方法で比較する』の英語表現
『立場や見解などが食い違っている』の英語表現
『コストに対するインパクトを見積もる』の英語表現
『精度や正確さを確認する』という意味の “go over”
『全体をざっと確認する』という意味の “review”
「〜の場合」の英語表現: in case of と in the case of を使う場面はあまりない
『〜の目的は …することである』 という英語表現
『前提を確認する』という意味の “confirm”
『〜を補正する』の英語表現 “compensate for 〜”
『その結果、〜であった』の英語表現: as a result は気軽に使いにくい表現
著作権・商標権・特許権 を保護する英語表現
単位(unit)とスペースの入れ方
技術系文書におけるおすすめの強調表現
技術系文書における表(table)のフォーマット
個数や回数の英語表現
“issue” と “problem” 使い分けてますか?
まえがき(Preface)の書き方
「〜は次のとおりです」+箇条書き の英語表現
警告や注意喚起の英語表現
「目的」を表現する “in order to do” や “so that”など: 「主節の主語」と「“〜するために”の主語」のとり方に注意
『〜が選択される場合』という英語表現
問題を再現させる: reproduce や duplicate を使わない言い方
『対策の効果を確認する』の英語表現
問題が再現するか確認する: see if the problem comes back
『確認する』という意味の look on や look at 等とにかく look を使った英語表現7つ
このページの先頭へ