優先順位を上げてくださいとお願いしたいとき – put it as a priority

残念ながらメールで相手のレスポンスを促さざるを得ない状況は、多くの人にとって多々ある状況であると言えるでしょう。

 

このページでは put it as a priority という表現をご紹介したいと思います。

 

具体的な使い方に関しては以下の例文参考にしてみてください。

 

<例文1>

I understand the situation but I have a concern about the deadline schedule. Could you to put this as a priority please?

訳)状況は理解していますが、締め切りのスケジュールについて懸念があります。本件の優先順位を上げていただけますか?

 

上の例文1で使っている priority は『優先事項』という意味の名詞として使用されているのお分かりかと思います。

 

put A as B で『AをBという状態にする(置く)』という意味になりますね。

 

よってput it as a priority で『それを優先事項にする』という意味になります。

 

もし相手に優先順位をしっかり認識してもらいたい場面があったら、ぜひ put it as a priority を使ってみてください。

 

自分で使えば覚えますし、そのうちスピーキングでも使えるようになってきます。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。