「~することをお勧めしたいと思います」と英語で伝える

仮定法を用いて丁寧にお勧めする表現についてご紹介します。

 

単に「~することをお勧めします」と言いたいときは例えば “advise you to do” が使えます。

 

これに助動詞の “would” を付けると、より丁寧にお勧めする表現になります。

<例文>

I would advise you to use 3500 K as the color temperature.

その色温度は3500 Kを使用することをお勧めしたいと思います。

 

ところで、“advise” と “advice” の違いはご存知でしょうか。

 

advise” は「アドバイスする」という動詞
advice” は「アドバイス」という名詞

 

ただ、ネイティブでもしょっちゅう間違えている印象があるので、間違えていてもほとんど問題ないと思われます。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。