may be と maybe は結局同じ意味ということでいいか?may be は助動詞+be動詞。maybeは副詞。

本ページのテーマは長年疑問に思っている方も多いのではないかと思います。

 

may bemaybe は同じ意味かどうかについて簡単に解説します。

 

まず、文法的な構造を整理しておきましょう。

 

  • may be: 助動詞+be動詞
  • maybe: 副詞

 

となりますね。

 

結論から申し上げると、may bemaybe に意味的な違いはほぼありません。同義と考えていいです。

 

may は「~かもしれない」を意味する助動詞ですね。推量を意味する助動詞の1つです。お仲間に might (mayの過去形)がありますが、全く同じ意味です。

 

may は助動詞ですから、当然に次に来る動詞は原形になる必要があります。be動詞が来る場合は be になります。

 

例えば、こういう風に使いますね。

<例文1>

His car may be pricy.

訳)彼の自動車は高価かもしれません。

 

 

では、次に副詞の maybe を使って例文1を書き換えてみましょうか。

 

maybe の意味はちょっと微妙なところですが、「もしかしたら」とか場合によっては「たぶん」あたりを意味していると言えます。

<例文2>

Maybe his car is pricy.

訳)もしかすると、彼の自動車は高価です。

 

例文1と2の訳文を比べてもらえれば分かると思いますが、may bemaybe に意味的な違いはありません。

 

違いがあるとしれば、言葉が持っている硬さです。

maybe のほうがよりカジュアルな表現であると言えます。なので、フォーマルな場面においては may be を使ったほうが好ましいです。

 

この違いが分かったところで、例文1に修正を加えたいと思います。実は pricy (効果である)という表現はカジュアルな表現なので、もし may be を使いたければ expensive を使ったほうがいいのです。

 

ということで、例文1は以下のように書き換えたほうが、より バランスのとれた表現になるでしょう。

<例文3>

His car might be expensive.

訳)彼の自動車は高価かもしれません。

 

ところで、ついでに maybeprobably の確信度について少しだけ整理しておきましょう。

 

  • maybe : 50~60%の確信度
  • probably: 80%の確信度

 

結局この定義も人によってばらつきがあると思いますが、1つの尺度として参考にしていただければと思います。

 

おそらく、多くの日本人にとって日本語の「たぶん」は、どちらかと言うと probably に近いのではないかと個人的には思っています。まあ、これも人によって捉え方が違うかもしれませんが。

 

日本人とっては maybe=「たぶん」の図式が結構固まってしまっているように思えるのですが、実際はちょっとずれているケースも多いのではないかと感じています。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。