「このデータは同じマシンから得られたものだ」の英語表現

この手の表現を英語化しようとすると意外と悩むものですが、実は簡単に言う方法があります。

 

以下例文のように be (came) from を使えばいいです。came はあってもなくてもどちらでも構いません。

<例文1>

These data are (came) from the same machine with calibration on and off.

訳)これらのデータはキャリブレーションオンとオフの両モードで、全く同じマシンか得たものである。

 

the same machine で「同じマシン」という意味になりますが、same を使うときは基本的に定冠詞 the を付けます。

 

これとは対照的に、similar(似たような) を使うときは不定冠詞の a を付けます(複数形の場合は無冠詞)。

 

same というのは特殊なタイプの形容詞で、形容詞であるにも関わらず常に the と一緒に使われます。

 

same には形容詞じゃなくて代名詞の用法もあるので、明らかにそうと分かるときは代名詞に the が付いているのだという解説は合点がいくところではあります。

 

しかし、ただの叙述用法にしか見えないような文でも、常に the が必要です。とりあえず細かい事は抜きにして、same を使うときは the を前に置かなくてはならいない、そう覚えておけばいいと思います。

 

他に the が付く形容詞として最上級の形容詞もありますが、the が付くのは限定用法のみで、叙述用法には the は付けません。

 

一方、same は限定用法はもちろん叙述用法でも the が必要です。そういう意味でも same は特殊な形容詞であると言えるでしょう。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。