今日の難単語 thought-provoking を覚える!

今回、覚えたい表現は thought-provoking です。この固まりで形容詞として働きます。

辞書にはあまり載っていないタイプの表現でしょう。

The Silent of the Lambs was gory and violent but thought-provoking.

訳) {羊立ちの沈黙} は血なまぐさく暴力的ではあるが一方で、考えさせられる作品だ。

 

上の例文では thought-provoking を「考えさせられる」と訳しました。

 

thoughtprovoking の意味を知っている人にとっては、一目見ればぴんと来るでしょう。

 

thought とは名詞で「考えること」とか「思考」を意味します。

Please tell me your thought.

訳)あなたの考えをおしえてください。

 

provoking は分詞形容詞で「挑発的な」という意味であり、基本的にはネガティブな意味で使われます。

I feel like the program manager is always provoking everybody.

訳)そのプログラムマネジャーはいつも挑発的な感じがする。

 

provoking は元々 provoke(引き起こす)という動詞に由来しています。

 

provoke は「ネガティブなことを引き起こす」というだけでなく、「ポジティブなことを引き起こす」という文脈でも使います。

His brave action provoked us to have enthusiasm.

訳)彼の勇敢な行動は我々に熱意をかきたてた。

 

thought-provoking と言うと、「考えさせられる」とか「示唆に富む」とか「含蓄がある」など、基本的にはポジティブな文脈で使われます。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。