「テスト中は何も問題なかった」と英語で言いたいとき

何のために製品や部品をテストするのかと一言で言えば、品質に問題ないかを確認するためです。

 

一般的な製品開発では、高品質な製品を作るために、設計⇒試作⇒テスト⇒改良のサイクルを何度か回して、手厚い品質テストをおこないます。

 

シンプルに言うと、テストして問題なければ合格。設計終了ということになります。

 

そこで、幸運にも「テスト中は何も問題なかった」という例文を考えてみます。

<例文>

There were no problems during the test.

そのテスト中は何も問題なかった。

There were” から始まる上の例文はいわゆる【There is 構文】とか【There be 構文】と言われるものです。

 

【There be 構文】は中学で習う基本的な構文ですし、意味も取りやすいのですが、あまりちゃんと理解されていない構文の1つではないかと思います。

 

まず、【There be 構文】の“there”にはそもそも「そこ」という意味がないのです。

 

ですから、以下のような文もあり得ます。

 

【There be 構文】で「そこ」という意味を持たせるためには、もう1つの “there” が要ります。

<例文>

Is there anybody in there?

そこに誰かいるの?

【There be 構文】で、“There is ~” で導入される は基本的には新情報である必要があります。

 

なので “There is the ~” というような “There is” の直後に定冠詞が来る文はあまりないのです。

 

なぜなら定冠詞を使うということは、この文の書き手も読み手も互いに “the ~” が何のことだか知っていることになるのですから。

 

しかし、“There is the ~” が全くあり得ない形かというと、そうでもないのです。

 

そのことについて説明するために以下の例文を考えてみます。

<例文>

There is the error during the test.

そのテスト中で例のあのエラーが出ている。

上の例文の “the error” は定冠詞がついているの、既知のエラーです。

 

既知の情報なのに、【There be 構文】を使っているということは、2つの可能性があります。

(1) この文の読み手は、例のあのエラーの存在そのものを忘れている。だから新情報扱い。
もしくは、
(2) この文の読み手は、例のあのエラーがそのテストで出ていることを知らない。だから新情報扱い。

 

あとは、上の例文とは全く無関係な話で、最上級の “the” 等が “There is” の後に来る形もあります。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。