『AがBの原因になっていると思う』と英語で言いたいとき

こういうときは cause を使ってみよう。

 

cause は名詞と動詞の2種類の形がある。

 

cause

  • 【名詞】原因、理由
  • 【動詞】~を引き起こす、~の原因となる

 

 

日本の形は『原因になっている』なので、これをそのまま、《現在進行形》==> causing にすればよい。

 

believe that A is casing B 『AがBの原因になっていると思う』

《例文》

I believe (that) the drive system is causing this issue.

訳)私はそのドライブシステムが本件の原因になっていると思う。

 

ちなみに、上の例文では『…と思う』believe をあてた。

 

believe を使うときは、わりと自信があるときに使う。

 

もし、もっと控えめに言いたいときは think あるいは guess を使うとよい。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。