『もし~だったら、問題になるだろう』を英語で表現してみよう

仮定の話だからと言って、必ず仮定法を使うわけではありません。十分ありえそうな仮定の話をするときは、「直説法」といって普通の時制が使われます。 If S + V ~, there will be an issue 『もしSがVしたら、問題となるだろう』 <例文1> If you put too much or too little oil onto the surfac

続きを読む