went back homeで「家に帰った」。went back to home は間違い

home というのはちょっと特殊なタイプの単語です。

「名詞」でもあり、そして「副詞」でもあるという特徴があります。

 

go と一緒に用いられる場合は、「副詞」として用法です。

なので、go home とは言えますが、go to home とは言えません。

 

【誤】go to home

【正】go home(homeには既にtoが含まれていると考える)

 

<例文1>

Oh, it’s time to go home.

訳)おっと、もう家に帰る時間だな。

 

 

go home の代わりに go back home と言うこともあります。

この場合の home もやはり副詞ですから、go home と同様に前置詞の to は不要です。

<例文2>

After work I went back home.

訳)仕事を終えてから、私は家に帰りました。

 

 

go homeと似たような表現として、go to my house という言い方もあります。

このときの house は名詞なわけなので、前置詞の to が必要です。

 

ただし、英語の世界ではどういうわけか go to my house を「自分の家に帰る」という意味で使えません。

なので、結局 go home の代わりにはなりません。

go to my house は例えば以下のような文脈で使います。

<例文3>

Can you go to my house without me? I’ll be there soon.

訳)先に、私の家に行っててくれる? 私もすぐ行くから。

 



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。