死んだ方がマシって英語で言いたいとき

名作映画「ギルバート・グレイプ」(原題:What’s eating Gilbert Grape)を見ていたら、

I’d rather die.
訳)死んだ方がマシだよ。

という表現があった。

 

映画の中で、ギルバートが勤める日用雑貨店の店主がこう言った

「郊外に出来たショッピングモールに大きな水槽があって、そこにロブスターがあるんだろ?」

 

すると、ギルバートは

I don’t know, Ser.
I don’t shop there.
I’d rather die.

ギルバートは「そのショッピングモールで買い物するくらいなら死んだ方がマシ」と言いたいわけだ。

 

ま、一種の誇張表現ですね。

ジョークみたいなものとも言える。

 

日本語で「そんなことするくらいなら死んだ方がマシ」ということはあるが、本気で死んでもいいと考えているケースは非常に稀ですよね。

 

日本語の「死んだ方がマシ」はどちらかと言うと子供が使いそうな表現ですかね。私も大人になってからはあんまり使った記憶がない。。。ちょっと幼稚な響きがあるような。

 

一方、英語の I’d rather die は大人も使いますよ。

 

このときの rather は「むしろ」っていう意味で使われている。

 

こういう rather は2つの選択肢を暗示している。上の例で考えてみよう。

《選択肢1》

Gilbert could go to the store.

訳)ギルバートはその店に行くことができる

 

でも

《選択肢2》

Gilbert could die.

訳)ギルバートは死ぬこともできる

 

という2つの選択肢があるわけだけど、どちらかと言えば「死ぬ」ことを選ぶというわけですね。「死ぬ」ことのほうが Sounds better というわけですね。 would ratherprefer に近い表現と言えるだろう。

 

ちなみに、I’d rather like to die と言うと、一気に本気度が増します。ジョークや誇張っぽい感じなくなるので、本気でそう思っているんだなーという感じがします。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。