“I am a freak” の意味―私は家族の中の誰にも似ていません

I am a freak” が出てくる文脈について考えてみたいと思います。

 

freak” は例えば “unexplained phenomena” と言い換えることができるでしょう。

 

あの人は “freak” だ、というような文脈では “freak” は「変わり者」や「風変りな人」、「何かに熱狂的にハマっている人」、あとは「麻薬中毒者」などを意味するときもあります。

 

一般的な基準からかけ離れた人という感じがします。

 

また “freak” は「突然変異」というような意味で使われることがあります。

 

 

I am a freak: 私は(突然)変異だ、変種だ

<例文>

How tall are you? You are much the tallest among the others.
訳)身長どれくらいですか? あなたは他の皆よりずっと背が高いですね。

 

I’m a freak. Because my parents are very much shorter than the average American.
訳)私は(突然)変異の一種です。私の両親は平均的なアメリカ人と比べてずっと背が低いのですから。

 

ヒント

  • 比較級、最上級を強調するときは “much” や “the very” 等を使う
  • 比較対象が2個以上の場合は “than” ではなく “among” を使う


data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。