Tips

技術系ビジネスマン向け英語情報: Tips
MENU


data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

Tips記事一覧

アメリカの地元ローカルな新聞の見出しなどで、以下のような表現を見ることがあるかもしれません。<例文1>If you are beach-bound, plan ahead.訳)もしビーチに行く予定でいるなら、前もって計画を。beach-bound のように、「名詞(場所)-bound」 の形が意味するのは、「その場所に行くつもりである」ということになります。ハイフンで繋いだこの固まりで形容詞と考え...

何かを「学ぶ」という文脈で take away を使うときがあります。<例文1>I took something away from this poem.訳)私はこの詩から何かを得ました(学びました)。例文1は、その詞の中から何か自分のためになりそうなことを学び取った(持ち去った)ことを意味しています。take と away をくっつけて「takeaway」と言うときもありますが、この時は名詞で、...

英語で「髪切った?」と言いたいときは、ベーシックな言い方としてDid you get a haircut?Did you get your hair cut?等がありますが、スラング的な表現で get your ears lowered という表現もあります。<例文1>You got your ears lowered?訳)髪切った?例文1を直訳すると、「耳の位置下げたの?」です。どういう意味かと...

hillbilly とは米国における侮辱的な用語で、「田舎者の無教育な白人男性」を意味します。典型的には、アメリカ南部における人里から遠く離れた僻地で育った教育レベルが十分でなない男性を指します。中途半端な田舎ではなく、未開拓の森林地域のようなところです。語源的には hill は「丘陵地帯」で、billy は「雄(おす)」を意味することに由来していると考えられます。hillbilly と似たような...

まず「スタック」には2種類ありますので、注意が必要です。発音も違います。stack [stǽk] 「積み重ねたもの」「積み重ねる」stuck [stʌ́k] 「動けない・抜け出せない」このページでお話ししたいのは「動けない・抜け出せない」方の「スタック」です。stuck には「はまる」という日本語が一番しっくりくるように思います。「はまる」とは何かに作用されて「そこか...

home というのはちょっと特殊なタイプの単語で、「名詞」でもあり、そして「副詞」でもあるという特徴があります。go と一緒に用いられる場合は、「副詞」として用法ですから、go home とは言えますが、go to home とは言いません。【誤】go to home【正】go home(homeには既にtoが含まれていると考える)<例文1>Oh, it’s time to go home.訳)お...

早速ですが「私はかつて糖尿病でした」を英作文してみたいと思います。まずは以下のように、シンプルな単純過去形の文が思いつきますよね。もちろん、これはこれでOKです。<例文1>I had diabetes. ―ただの過去形訳)私は糖尿病でした。used to have + 病気ところで、過去の習慣的動作を意味する used to do も同様に「病気」に使えないのかなと思ったことはないでしょうか?例え...

“hot potato” とは、「多くの人の論争の的となっているようなテーマ」や「厄介な問題」を意味します。<例文1>Mr. Trump is a hot potato issue.トランプ氏は論争の的となっている。日本でも、厄介な問題を「焼け石」に例えて、「彼らは焼け石(厄介な問題)を互いに押し付けあっている」というように使う人もいます。“hot potato” もこれと似たような発想と言えそう...

どれくらい寒いか訊くときは “How cold” を使います。天気や気候などを話題にしたい場合は、基本的には “it” を主語にするようにしましょう。<例文1>How cold does it get in winter in Ohio?訳)オハイオでは冬になるとどれくらい寒くなるでしょうか?How cold will it get this winter?訳)今年の冬はどれくらい寒くなるでしょう...

形容詞の “average” を使います。平均的な日本人: an/the average Japanese<例文>How much vacation does an/the average Japanese have an each year?平均的な日本人は毎年どれくらいの休暇をとりますか? ※an each year の代わりに annually と言ってもいい“average Japanes...

“I am a freak” が出てくる文脈について考えてみたいと思います。“freak” は例えば “unexplained phenomena” と言い換えることができるでしょう。あの人は “freak” だ、というような文脈では “freak” は「変わり者」や「風変りな人」、「何かに熱狂的にハマっている人」、あとは「麻薬中毒者」などを意味するときもあります。一般的な基準からかけ離れた人とい...

皆さんはアメリカのベーコンを食べたことがあるでしょうか?食べたことがある方はご存知かと思いますが、日本のベーコンに比べると、とても硬いです。良く言えばカリカリしています。『硬い』といえば “hard” という形容詞がまず思いついてしまうのですが、実は食べ物が硬いという文脈で “hard” は使いません。“hard (to eat)” というと『食べづらい』という意味で受け取られてしまいます。例えば...

日常的、習慣的なことを尋ねる場合は、単純に現在時制、動詞の原形を使います。現在時制で人を主語にする場合「私はこういう人間です」とか「あなたはどういうタイプの人間ですか?」というような文脈でよく用いられます。いつもどんな朝ごはんを食べているのかを尋ねる表現として、以下の2文をご紹介します。“What kind of 〜?” という聞き方は、日常的によく使う形なので、知っているだけじゃなく、ちゃんと使...

“on the same page” は共通の事柄について理解、あるいは共通の観点を持っているということを意味します。on the same page (with 〜)同じような観点で物事を捉えている(考えている)物事に対して同じような見解を持っている物事に対して同じ程度の知識レベルを持っているよくあるのは以下の例文のように、“we” を主語にして、お互いの理解を確認する文脈です。<例文1>I j...

“eye candy” は見る人の目を喜ばせるような人や物事を意味するスラングです。日本語にとっては “eye candy” を『目の保養になる』という感じで訳せる場合もあります。<例文1>The sunrise which I saw at Mt. Fuji last year was the best eye candy that I had ever seen.訳) 去年、富士山で見た日の出...

この表現はおそらくアメリカ限定の表現だろうと思われます。アメリカ人は、とても調子が良い、もしくはあまり調子が良くないと言うとき、 “on one’s A game” というイディオムを使うときがあります。“A game” とは、つまり “best work” を意味しています。be on one’s A game: 調子がとても良い<例文1>I’m not on my A game today.訳...

『時間が全くない』と言いたいときはシンプルに “I don’t have time” と言うことが出来ます。では『時間があまりない』はどう表現すればよいでしょうか。I don’t have much time. 『私には時間があまりありません』『時間があまりない』とは言い換えると『時間が沢山あるわけじゃない』ということですから、“much(たくさんの)” で “time” を修飾し、それを否定して...

“half full” や “half empty” という言い方を聞いたことがあるでしょうか。この2つの表現には、コップに水が半分だけ入っている状況を、人々はどう捉えるだろうかという背景があります。以下の楽観主義者(Optimist)と悲観主義者(Pessimist)にまつわる例文を見てください。<例文>An optimistic person would say “My cup is half...

“burn through” は『金銭的な資源をあっという間に使い切る』という意味のイディオムです。“burn through money” = “spend(waste) money quickly” ということです。“burn through 〜” 〜をあっという間に浪費する<例文>My wife burns through my money.( My wife wastes my money...

“go into 〜” の最もベーシックな意味はご存知のように『〜の中に入る』です。<例文1>I made the decision five years ago to go into real estate investestment.私は5年前に不動産投資の世界に入る決断をしました。しかしネイティブは “go into” で『労力・時間・お金などを費やす』という意味で使うことがあります。“go...

“sweep” の最も基本的な意味は『掃く、掃除する』ですが、『圧勝する』という意味で使われることがあります。〜に圧勝する “sweep 〜”<例文1>The Giants swept the Dodgers, 9 to 0.ジャイアンツはドジャースに9対0で圧勝した。“sweep” の活用は以下のとおりです。sweep(s) - swept[過去] - swept[過去分詞]『圧勝する』の語源は...

何かを先走ってやって失敗したとき “jump the gun” というイディオムが使えます。以下の例文を見てみてください。“jump the gun” 先走ったことをする、早まったことをする<例文>Sorry, I think I jumped the gun.すみません、先走ってしまったようです。I burned my mouth because I jumped the gun.口にヤケドを負...

“beat a dead horse” を直訳すると『死んだ馬をムチで打つ』です。死んだ馬にまたがってムチを打っても馬は走りません。このイディオムの意味は『無駄である、無意味なことである』です。よくbe動詞を伴って以下のように使われます。<例文>Overstating is like beating a dead horse.物事を大げさに誇張して言うことは無意味な事である。“like beati...

今までの人生で何かしたことがある、あるいは、したことがないと言いたいときは完了形の出番です。現在完了形: have + 過去分詞過去完了形: had + 過去分詞ここでは『今までそんなこと考えたことがない』という表現を題材にして、現在完了と過去完了の違いについて掘り下げてみたいと思います。現在完了形が適用されるとき例えば、友人Aさんに『もし火星に行けるとしたら何を持っていきますか?』と聞かれたとし...

“have a screw loose” は『頭のネジがゆるんでいる』という意味で、誰かのことを悪く言うときに使われるイディオムです。<例文>That guy has a screw loose.あいつは頭がおかしい(正気じゃない)。“have a screw loose” は『ゆるんだネジを持っている』というよりかは、『ネジのゆるみを持っている』と解釈されます。なぜなら、この場合の “loose...

『やばい』は主に日本の若者が使うスラングのようなものです。意味は大きく分けて2つあって、悪い意味でも良い意味でも使われるというのがポイントです。悪い意味: 危ない、まずい状態だ良い意味: すごい、素晴らしい『やばい』については、どちらかと言うと悪い意味が最初にあって、そこから言葉遊び的に良い意味が編み出されたと思われます。この感覚と同じよう表現が英語のスラングにもあります。<例文1>That is...

“have a bad memory” という表現は “have” という動詞の多様性を説明するためによく出てくる例文です。“I have a bad memory” には次のとおり2通りの意味があります。『私は記憶力が悪い』 I am bad at memorizing.『私には悪い思い出がある』 I have experienced a nightmare in the past.これと同様に...

ネイティブスピーカーは日常的にイディオムを好んで使いますので、非ネイティブであってもイディオムを知っていることに越したことはないです。“rubs me the wrong way” については、日本語の中にも全く同じ発想のイディオムがあるので比較的覚えやすいものだと思います。“rubs 〜 the wrong way” 〜の感情を逆撫でする<例文>He rubs me the wrong way....

“bucket” はバケツのことですから、日本語でも全く同じ言い方がありますね。『バケツをひっくり返したような雨』のことです。“rain buckets” も全く同じ考え方が適用されたイディオムで、意味は『バケツをひっくり返したように雨が降る』です。<例文>It is raining buckets.バケツをひっくり返したような雨が降っている(激しく雨が降っている)。“buckets” は副詞のよ...

“left for the day” は『今日は退社しました』という意味の決まり文句で、早退したとき等によく聞く表現です。現在完了形でも、単純過去形のどちらを使っても構いませんが、どちらかと言えば現在完了形で使われることが多いです。<例文1>He has already left for the day.彼は既に退社しました。ところで “left for the day” の意味をすんなり納得でき...

“obsessed with” と “addicted to” はどちらも『(一つの事)に入れ込む』というような意味です。両者の違いを一言で言うと “obsessed with” はポジティブな事にも使うことが出来ますが、“addicted to” の語感はネガティブな印象が大半を占めます。“obsessed with 〜” 〜のことで頭がいっぱいである<例文1>She is obsessed w...

しばしば “I am screwed” と “I am screwed up” は同じ意味だと誤解されているようです。確かに、だぶる部分もありますが、両者は全く同じ意味ではありません。以下から、違いについて検討してみましょう。“I am screwed” の意味意味としては、以下のような感じです。八方ふさがりだ: I am stuck.お手上げ状態だ身動きがとれない行き詰ってしまった何も選択肢がな...

動詞としての “whitewash” は『〜を白く塗る』を意味します。そこから転じて『(失敗や欠点)を覆い隠す』という比喩的な意味もあります。これらの意味の他に、以下のような文脈で使われることがあります。<例文1>Dragon Ball Z movies are whitewashed.ドラゴンボールZの映画は whitewash されている。※ドラゴンボールZとは日本で1989年から1996年の...

米国において “loco” は “crazy” を意味し、誰かを中傷したいときに、しばしば用いられます。例えば、飲み屋等くだけた雰囲気の中での会話で、嫌いなハリウッドセレブを批判するときなどに以下のようなセリフを耳にします。“loco” の品詞は “crazy” と同様に形容詞です。<例文1>He is loco.彼は狂ったやつだ。実は “loco” の語源はスペイン語です。“loco”は元々スペ...

英語サイトなどでパスワード登録するとき、例えば以下のような複雑さの要件を満たすように促すメッセージが出ることがあります。Password requirements:must be at least 6 charactersmust include letters in mixed case and numbersmust include a character that is not a lett...

印刷業界で使われる専門用語「プロセスブラック」とは、CMYの3色もしくはCMYKの4色を重ねることによって得られるブラックを指します。実際の「プロセスブラック」はブラックというより濃い茶色に近い色になります。英語で「プロセスブラック」は、そのまま “process black” もしくは、 “composite black” と言うことが可能です。“composite”は形容詞で「混合の」という意...

英語の “User Scenario” は日本語の「ユーザーシナリオ」と同じ意味です。「ユーザーシナリオ」は日本ではWEB制作業界でよく使われる言葉かもしれませんが、本来どんな業界でも使えます。製造業などでも普通に使われる言葉です。例えば、ある製品を企画するときに、その製品はどんなユーザーがターゲットとしているのかそのターゲットユーザーはどんな目的があってその製品を買うのかそのターゲットユーザーは...

用紙物性値の対訳を掲載しています。坪量: Basis Weight 厚さ: Thickness 密度: Density 透気度: Air Permeability 平滑度: Smoothness 地合い指数: Formation Index曲げこわさ: Bending Stiffnessクラークこわさ: Clark Stiffnessヤング率(弾性率): Elastic Modulus 引裂き強さ...

例えば「キャンプ道具」を英語で言おうとしたら、一般にこれは「Camping Gear」と言います。「Camping Tools」とは言いません。本ページでは、Tool と Gear の違いについて確認したいと思います。Tool は「手道具」一言で言うと Tool は「手道具」を意味するため、例えばキャンプ用品で考えると、ハンマー、斧、ナイフ、懐中電灯、ハイキングステッキなど手に持って作業する道具に...

仕事で大失敗したときなど「もう最悪だ!」という文脈で、ネイティブがよく使う表現を確認したいと思います。あまり素敵な表現ではないので、特に女性の方々はこのようなことを積極的に口にするのは控えた方がよろしいかと思います。ネイティブが言っていることをちゃんと理解するという観点で、このような知識を活用できれば結構ではないかと思います。まずは基本中の基本、screwed up<例文1>That’s scre...

rundown は企業や産業などの「衰退、凋落」を意味で使われることが多いですが、他の意味として「概要」という意味もあります。 このときは list とか summery と同じような意味と捉えることができます。rundown of/on〜 で「〜の衰退」もしくは「〜の概要、まとめ、リスト」を意味します。<例文1>Before you hit the road, here is the rundo...

今日、あらゆる製造業で用いられている「フェーズ管理(Phase Management)」は、元々NASA(アメリカ合衆国航空宇宙局)によるロケット開発から始まったものです。フェーズは商品企画から始まり、製品企画、量産設計、生産準備など、商品開発全体のプロセスをいくつかのフェーズに分割し、それぞれのフェーズのお尻に「ゲート」を設けます。フェーズの例商品企画⇒設計開発⇒生産および営業準備⇒現製品このゲ...

本ページでは so と very の語感の違いをまじめに扱う気はありません。とりあえず、どっちも同じ意味だと思っておけばいい思います。一応、簡単に確認しておくとso はカジュアルで感情的なニュアンスvery はフォーマルで客観的なニュアンスとなるわけですが、はっきり言って非ネイティブにとっては、どうでもいいような話です。とりあえず very を使っておけばいいというのが私の意見です。理由は ver...

私はアメリカから日本にしょっちゅうDVDを送ってました。DVDは販売用ではなく、テスト用です。以下に、私が使っていた Commercial Invoice のテンプレートを記載しておきます。DHLを使って、DVDを5枚送るという設定で書いておきます。送り主の会社のロゴ(もしあれば)送り主の会社名送り主の会社の住所送り主の名前To: DHLPlease consider this as our co...

このページの先頭へ