『あの金がなかったら、きっと大学に行くことはできなかっただろう』を英語で言うと(仮定法過去完了)

過去の事実に反する仮定を表現したいとき、「仮定法過去」というやつを使う必要がある。

<例文1>

If I hadn’t had the money, I don’t think I would have been able to go to college.

訳)もしのあの金がなかったら、大学に行くことは不可能だっただろう。

 

例文1の「If I hadn’t had the money」が条件節に相当する。

 

仮定法では、この条件節に「過去形」あるいは「過去完了形」しか使えない。なぜかと言うと、仮定法というのは話し手の妄想の世界なので、「現在」から遠ざかる必要があるからである。

 

 



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。