不定詞の用法

技術系ビジネスマン向け英語情報: 不定詞の用法
MENU


data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

不定詞の用法記事一覧

「〜するために、…する」と英語で言いたいとき、普通は to do (to不定詞)を使います。例えば、以下のような文です。<例文1>I work harder (than before) to make much more money.訳)私は、ずっと多くのお金を稼ぐために(以前より)一生懸命働いています。注意したいことは to do の主語は、この文の主語(例文1の場合は“I”)と同じである必要が...

今回は長年、疑問に感じている人も多いのではないかと思う、sorry to hear that と sorry for hearing that の違いについて解説したい。実は、私自身も「わからないな〜」と思いつつ長年放置してきたので、誰のことも責めることはできない。。この記事で、sorry to hear that と sorry for hearing thatの違いをわかってもらえてスッキリで...

このページの先頭へ