『確認する』という意味の look on や look at 等とにかく look を使った英語表現7つ

技術系ビジネスマン向け英語情報: 『確認する』という意味の look on や look at 等とにかく look を使った英語表現7つ
MENU

『確認する』という意味の look on や look at 等とにかく look を使った英語表現7つ

 

 

私が思うに look を使った『〜を確認する』という英語表現は全部で7種類あります。

 

文法的には大きく分けると2種類あります。

1つは、look を“動詞”として使う表現(lookは常に自動詞)

2つめは、look を“名詞”として使う表現

 

 

動詞としての look

 

look が動詞として用いられる場合、常に「自動詞」として扱われます。つまり、目的語をとるため(他動詞となるため)には前置詞( through, into, over, at など)が必要になります。

 

look through 〜

<例文1-1>

 

I have just been looking through your data and results and I have noticed the measurements is jumping up unnaturally within day to day. Do you know the reason why?

 

訳)あなたのデータと結果ちょうど確認していたのですが、測定値が日間で不自然にジャンプしていることに気付きました。原因分かるでしょうか?

 

look into 〜

<例文2-1>

 

They looked into her calculation result and found an error. 

 

訳)彼らは彼女の計算結果を確認し、1つ誤りがあることを発見した。

 

look over 〜

<例文3-1>

 

I asked my boss to look over my report before I send it to everyone.

 

訳)皆にメールで展開する前に、上司に報告書を確認するようお願いしました。

 

look at 〜

<例文4-1>

 

We will look at the file on Monday.

 

訳)月曜日にそのファイルを確認します。

<例文4-2>

 

I also will look at the adjustment method if needed.

 

訳)必要あれば、その補正方法についても確認してみます。

 

look on 〜

<例文5-1>

 

I looked on all my email box and did not find the email when it was originally sent by my boss.

 

訳)上司から元々そのメールが送られてきたとき、私は自分のメールボックスを確認したはずだが、そのメールを見つけることはできなかった。

 

名詞としての look

 

look は名詞で「見ること」という意味になります。他にも「目つき」や「顔つき」や「概観」を意味することもあります。

 

take a look at 〜

<例文6-1>

 

Can you please take a look at this?

 

訳)この件について確認してもらえますか?

<例文6-2>

 

Please take a look at our action items list. The issues are also in the database.

 

訳)我々のアクションアイテムのリストを確認してください。問題となっている項目はデータベースにも入っています。

 

have a look at 〜

<例文7-1>

 

Could you please have a look at the samples?

 

訳)この標本についてご確認いただけますか?

 

とにかく日本人は「確認する」という文脈で confirm を使いすぎる傾向があるようです。confirm は「(元々ある前提や仮説をの)裏づけをとる」みたいな意味なので、必ずしも日本語の「確認する」とは意味的に一致しない場面も多いです。

 

まずはメールからでも confirm の代わりに、上記の look を使った表現を取り入れてみてはいかがでしょうか。



関連ページ

『問題を抽出する』を英語で表現すると…
〜かどうか確認してください“Can you confirm if〜?”
「データからバラツキが改善していることを確認した」の英語表現
「見通しあり」の英語表現: look promising
『品質などを許容できる』という英語表現
『AとBを比較する』という英語表現
『目視で確認する』の英語表現
『公平な方法で比較する』の英語表現
『立場や見解などが食い違っている』の英語表現
『コストに対するインパクトを見積もる』の英語表現
『精度や正確さを確認する』という意味の “go over”
『全体をざっと確認する』という意味の “review”
「〜の場合」の英語表現: in case of と in the case of を使う場面はあまりない
『〜の目的は …することである』 という英語表現
『前提を確認する』という意味の “confirm”
『〜を補正する』の英語表現 “compensate for 〜”
『その結果、〜であった』の英語表現: as a result は気軽に使いにくい表現
著作権・商標権・特許権 を保護する英語表現
単位(unit)とスペースの入れ方
技術系文書におけるおすすめの強調表現
技術系文書における表(table)のフォーマット
個数や回数の英語表現
“issue” と “problem” 使い分けてますか?
まえがき(Preface)の書き方
「〜は次のとおりです」+箇条書き の英語表現
警告や注意喚起の英語表現
「目的」を表現する “in order to do” や “so that”など: 「主節の主語」と「“〜するために”の主語」のとり方に注意
『〜が選択される場合』という英語表現
問題を再現させる: reproduce や duplicate を使わない言い方
『対策の効果を確認する』の英語表現
問題が再現するか確認する: see if the problem comes back
このページの先頭へ