『~するという選択肢がありますよ』と英語で伝える

<例文>

There is an option to calibrate a color sensor using fluorescent lamps.

蛍光灯を用いてカラーセンサーを校正するという選択肢がありますよ。

このように「~するという選択肢がある」は “There is an option to do” で表現する方法があります。

 

上記の例文は、【There be 構文】の基本形の There is” + 不定冠詞“a で相手にとっての新情報を知らせるものです。【There be 構文】の場合、“there” は形式上の主語となり「そこに」の意味はありません。

 

an option to calibrate~” が意味上の主語となり、to不定詞の形容詞用法 “to calibrate” が “an option” を修飾しています。

 

「選択肢」は “option” の他にも、“choice” や “alternative” があります。上記のとおり【There be 構文】では新情報として「~がある」ことを知らせることができるが、「~がない」ことを表現することもできます。

<例文>

There is nothing you can do.

君に出来ることは何もない。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。