schedule a time with 人 …誰かと予定や時間を調整したいとき

ここでは schedule を使って「誰かと予定や時間を合わせる(調整する)」という表現を確認してみましょう。

 

schedule a time with 人 は以下のように3つバリエーションがあります。

 

 

  1. schedule a time with 人 「人と何かのための予定や時間を合わせる(調整する)」
  2. schedule a time to do with 人 「人と~するための予定や時間を合わせる(調整する)」
  3. schedule a time for something to do with 人 「人と何かが~するための予定や時間を合わせる(調整する)」

 

 

1と2はよく使う表現ですが、3を使う機会はあまりないかもしれません。3については、意味が分かりづらいと思うので、以下の例文3を確認してもらえるとイメージが湧きやすいと思います。

<例文1>

If it is agreeable, please schedule a time with him.

訳)もしそれに同意できるのであれば、彼と予定を合わせてください。

    ※ agreeable = agree + able 「同意可能な」を意味する一方で、「心地良い」や「気持ちが良い」という文脈でも使われる≒comfortable

 

<例文2>

Can you schedule a time to repair it with him?

訳)それを修理するための時間を彼と調整してもらえますか?

    ※ 「修理する」を意味する動詞としては repair 以外に、fix と mend がある。repair はより高度で専門的な修理という感じがする。mend はたいてい破け、裂け、穴の修理を意味し、「繕う」に近い。fix は最もオールマイティーで適用範囲が広いので、とりあえず fix を使っておけば大体OK。

 

<例文3>

You should schedule a time for the machine to go into sleep mode with him.

訳)そのマシンをスリープモードにする時間を彼と一緒に調整したほうがよいでしょう。

※ for ~ to do(不定詞)の形が来たら、不定詞の主語は for の後に現れる。例文3では the machine が go into sleep mode の主語になる。

 



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。