be smelling ripeの意味: ripeは良い香りだけじゃなく悪臭も放つ

「熟したリンゴ」は、ripe という形容詞を使って

 

Ripe apples

 

という事ができます。

 

本ページでは、ripe の正統派な意味と、皮肉的な意味の両方について確認します。

 

 

良い香りがする ripe

<例文1>

I guess (that) we have a couple of ripe apples in the refrigerator.

訳)冷蔵庫に熟したリンゴがいくつかあると思います。

 

この場合の ripe は、食べ頃(good to eat)を意味しており、果物らしい美味しそうな匂いがするはずです。

 

もう少し熟成が進んでくると overripe(熟し過ぎている)を使いますが、この状態も腐る一歩手前という感じで、「腐っている」わけではありません。

 

<例文2>

Somehow my father prefers overripe apples to ripe apples.

訳)どういうわけか、私の父は食べ頃のリンゴより熟しすぎたリンゴを好みます。

 

 

 

異臭を放つ ripe

上記のとおり、ripe はポジティブな意味で使われるのですが、どういうわけか「悪臭がする」という文脈で使われることがあります。

 

例えば、以下のような文で、スラング的な表現と考えていいと思います。

<例文3>

Oh, you are smelling ripe!

訳)うわ、あなたは悪臭を放っている!

 

元々は良い意味だったけれど、言葉遊び的に全く反対の悪い意味で使われるというのは、英語に限らずよくあることで、いわゆる Sarcasm(皮肉)と云われるものです。

 

smell ripe も Sarcasm の1つと考えていいでしょうね。

 

 

 

 

腐ったリンゴは?

英語で「腐ったリンゴ」は以下のような言い方があります。

 

  • spoiled apples
  • rotten apples
  • decayed apples
  • bad apples

<例文4>

A rotten apple on the table is smelling funny.

訳)テーブルの上にある腐ったリンゴから変な匂いがしている。

 



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。