電話会議中に「ちょっとすいません、日本語で失礼します」と言いたいとき、英語で何て言うべき?

英語の電話会議中に、日本人同士で、ちょっと日本語で話したいときがあると思います。 そんなとき、皆さん何て言ってますか? 私がよく聞く表現は、 Sorry, In Japanese! です。 まあ、これでも通じるんですどね。 ただ、英語的には不自然なんですよね。 ネイティブだったら、こういう言い方はしな

続きを読む

【ビミョーな英語】買い物に行って結局何も買わないとき、店員さんに何て言ってお別れすればいい!?

先日、自動車用品店に行ってきました。 車のバッテリーを買うためです。 そう、アメリカでは老いも若きも、バッテリーくらいは自分で交換してしまうのだ。 親切な店員さんに値段を聞いたら 130ドル。 「ちょっと高いな~。もうちょっと安いのない?」 って訊いたら、それならWalmartに行ったほうがいいって。 Walmartなら、なんと6

続きを読む

『…であることは理解されている』と英語で言いたいとき – It is understood that…

英作文をするときは、できるだけ能動態で文を組み立てた方がいい。 ただし、動作の主体をぼかしたいときとか、自明過ぎてあえて言うまでもないとき、あとは何となく格好つけたいときなど、受動態の形を使うときがある。 『…であることは理解されている』は受身の形で、 It is understood that S + V ~ と表現できる。 <例

続きを読む

【ネジを締め過ぎる】と英語で言いたいとき – over tighten

ネジというのはふつう金属で、できている。 ネジの受け手であるネジ穴がプラスチックである場合、 ネジを力いっぱいを締めすぎると、ネジ穴が 馬鹿になってしまうことがある。 けっこうマニアックな状況だが、「ネジを締め過ぎる」は over tighten という言い方をする。以下例文を参考にしてみてください。 <例文1>

続きを読む

『…のテストの結果を送ってくれてありがとう』と英語で言いたい時

わたしのサイトでは主に、アメリカ人が作った英語をお手本にしたフレーズを紹介しています。 『~を送ってくれて』と言いたい時、普通は for sending ~ を使うが、ここではネイティブらしく for sharing ~ を使って例文を考えてみよう。 <例文1> Thank you for sharing the

続きを読む

『問題の根本原因を理解するのに苦労しています』と英語で言いたいとき-Struggle to understand the root cause

『苦労している』ということなので、 Struggle を使ってみよう。 『~するのに苦労する』と言いたい時は、以下の3パターンがある。 Struggle to do Struggle for doing Struggle with doing どれを使ってもOKだけど、1番目の to do(不定詞)を使った言い方

続きを読む

【…に関して返信をありがとうございます】と英語で言いたいとき

AとBという2つの名詞を関連付けたいとき、日本語だと次のような言い方がある。 『Aに関するB』 『AについてのB』 『AのB』 こういうことを英語で表現した場合は、 B on A を使ってみはいかがだろうか? 日本人はどうも on の使い方が苦手な気がするのだ。 Thank you for your res

続きを読む