「あと1時間で終わります」の英語表現。in an hour と in one hour の違い

例えば、あなたが何かの装置を使って作業していたとします。

 

すると、そこへ、次にその装置を使いたい人が現れて、「どれくらいで終わりますか?」とあなたに尋ねたとしましょう。

 

その問いかけに対して「あと1時間で終わります」で答えるときの英語表現についてご紹介したいと思います。

 

あと1時間で終わります」の言い方として、次に示す2つの言い方について検討してみましょう。

 

  1. I will be done in an hour.
  2. I will be done in one hour.

 

※文法的には in an hour や in one hour を副詞句と云う。これらは、前置詞+名詞で構成される副詞句のパターンで、どちらも動詞の done を修飾している。他の副詞句のパターンとして、不定詞や分詞から成るものがある。

 

上記の表現はどちらも正しく、自然な表現です。

 

どちらで言ってもかまいません。ただし、微妙にニュアンスの差があるので、合わせてご紹介したいと思います。

 

1と2の違いは、「1時間で」を in an hour と表現するのか、in one hour と表現するのかの違いですね。

 

an(a) も one も「1つ」という意味だから同じじゃないかと思われるかもしれませんが、ネイティブは1と2を次のように使い分けています。

 

 

I will be done in an hour.

(大体あと1時間くらいで終わりそうかな。でもあと40分くらいで終わる可能性もあるし、下手したら1時間30くらいかかってしまう可能性もあるな…)

 

 

I will be done in one hour.

(あときっかり1時間で終わるだろう)

 

 

まとめると、 I will be done in an hour. はけっこう曖昧で、ぼかした表現として用いられていて、スラングに近い感覚があります。

 

一方、I will be done in one hour. はできるだけ正確に言おうという意思が感じられます。

 

いつ作業が終わるかについて、あまり自信がないようであれば I will be done in an hour. と言っておけば間違いないでしょう。



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。