『規格外』を意味する形容詞 “substandard”

『部品の寸法が規格外である、あるいは材料の品質特性などが基準以下のレベルである』というようなことを表現するのに、英語では “substandard” という言葉を用いることがあります。

 

<例文1>

The materials used to make the product might be substandard.

訳)その製品を作るのに用いられるこの材料は規格外品かもしれません。

 

standard” は要求される基準、上下限値、規格値などを意味します。

<例文2>

The minimum standard of length for judgement is 50.0 mm based on the previous test result in spite of that the original standard is 51.0 mm.

訳)判断基準となる長さの下限は、本来の規格値が51.0 mmであるが、前回テスト結果に基づき50.0 mmで判断される。

 

sub” は接頭語と云われるもので『~の下』や『~未満』を意味しますから、 “sub-standard” で『基準に達していない』という意味になります。

 

何かが基準のレベルに達していないということを英語で言うとき、上記のように “be動詞+ substandard(形容詞)” で言うことができます。これはS+V+Cですから第2文型です。

 

また、S+V+O(第3文型)で言うとすれば、以下の例文のように “meet the standard” を否定してやればいいです。こちらのほうがベーシックな言い方です。

<例文3>

The size of the part does not meet the standards (requirements).

訳)その部品の寸法はその規格(要求値)を満足していない。

<例文4>

All dimensions do not meet the following standards (requirements).

訳)全ての寸法は以下の基準(要求値)を満足していない。

 



data-matched-content-ui-type="image_card_sidebyside"

コメントは受け付けていません。